STUDY SESSION

勉強会

Morning Café

弊社では、毎週水曜日の朝、情報共有会(『Morning Café』)を開催しております。
通常の始業時間は10時ですが、水曜日に限り、9時半からの1時間程度を『Morning Café』の開催にあてています。

当日の情報提供者(スピーカー)はあらかじめ担当日を割り振られており、十分な準備期間をおいて発表内容を検討して臨むことになります。

最初の30分程度を使い、スピーカーによる発表が行われます。発表内容は、最近の業務を通じて学んだこと・クライアントが属している業界の分析・これまでの経験や体験で得た知見、さらには最近業界で注目を集めているサービスなど様々です。開発・制作における技術的な分野がテーマになることもあれば、マーケティングに関連するデータ分析手法やスキルがテーマになることもあります。

スピーカーの興味の対象や独自の切り口で発表がなされるために、既存の知識であっても新たな視点や気づきが生まれます。また、他のメンバーが普段どのような業務にあたっており、どのようなことを意識しているのかといったメンバー間の相互理解という観点でも有意義な時間となっています。

また、時には外部から講師をお招きしお話をしていただくこともあります。 それは、同じ組織の中にいて、凝り固まってしまいがちな価値観を解放してくれるとともに、外部のメンバーとコミュニケーションをとる機会としても有意義な時間となっています。

このように、『Morning Café』の目的は様々ですが、大雑把に列挙すれば以下のようになります。

  • ・ 各営業・開発メンバーの知識共有
  • ・ 新人メンバーの知識の底上げ
  • ・ 発表の機会を意図的に創出することで自己研鑽の契機とする
  • ・ プレゼンテーション能力・資料作成能力の向上
  • ・ 外部メンバーの知識・経験を共有することでのスキルアップ
  • ・ 会社としての方向性やマインドの共有
  • ・ 会社としての情報の共有

30分程度の時間で、特定のトピックについての詳細や仕組みなどを深く理解することは難しいでしょう。 しかし、例えば『ウェブ広告って何?』『何から勉強すればいいの?』と考え、自分の視界から遠ざけていたり、とっかかりを見つけられなかったメンバーにとって、そのテーマについて勉強するきっかけを与えることができれと考えています。 また、様々な知識・考え方を吸収したり新しい価値観に触れることで、それぞれが『something new』を見いだせる機会になるのではと考えています。

私たちMCは、一人ひとりのメンバーがプロフェッショナルであると同時に、ジェネラリストであることが理想であると考えています。それは、生産性だけを追及しメンバー全員が完全な統率下にある会社組織では、この激変する時代に適合できないと考えるからです。 会社として大きな目標設定をしても、それを達成するための手段は複数あるかもしれません。目標を達成するために時に回り道をしなければならないこともあるかもしれません。 そんなとき、メンバー一人ひとりが個々人のレベルで方向性を導きだすことができれば、その目標達成はますます現実味を帯びます。

この激動の時代に、会社としての競争力を高め、社会に価値を提供しつづける組織であるための素地として、メンバー一人ひとりの不断の向上心が不可欠です。 『Morning Café』は、この向上心を生み出し、加速させるための機会を提供しています。