|
開発ブログ_分析

ブロックチェーンって何?

「ブロックチェーン」という言葉をご存知でしょうか?
またの名を分散型台帳技術といい、対義語にあたるのは中央集権型台帳技術。
今回はブロックチェーンがどのようなメリットを持ち、どのような場面で使われているのか、お話ししていきます。

ブロックチェーンの成り立ち

まずはブロックチェーンの成り立ちから見ていきましょう。

ブロックチェーンは、ビットコインの考案者「ナカモト サトシ」によって生み出されました。
もともと、ビットコインのシステムを支えるために作られたものなのです。
しかし、ビットコインが広まるに従い、このブロックチェーンも他のサービスに応用されるようになっていきました。

ビットコインというのは単一の通貨に対して複数回のやりとりが生じるものですが、そのようなサービスのすべてに適応が可能です。イーサリアムも同じく仮想通貨としてブロックチェーンの技術を活用しています。
また、契約を自動で行うことのできる仕組みである「スマートコントラクト」にもブロックチェーンによって支えられています。

ブロックチェーンの仕組み

単一のものを複数回やりとりする際にその動きを記録することのできブロックチェーンですが、どのような仕組みなのでしょうか。
まず、定期的に台帳の塊「ブロック」が作られます。
そのブロックには毎回最新の情報が格納され、それらを繋げて、過去の履歴を全て含む台帳が出来上がります。
通貨に限らず、「何か」の動きの流れを記録することで、そのものの信用が第三者的な立場から、つまり交渉の余地などはなく、規定されていきます。
このブロックはビットコインの場合であれば10分ごとに最新の情報がアップデートされていきます。
台帳として記録を行うブロックチェーンですが、この技術のもたらすメリットについて見てみましょう。

ブロックチェーンのがもたらすメリット

まずはコスト面です。それまでは中央が管理していたために維持費がかかっていたのですが、これを「管理者不在」にすることで維持費がほぼゼロに近づきます。
そして大きな特徴として挙げられるのがその「信頼性」です。それまでは中央の管理者のみが持っていた台帳を誰もが持つことができるようになります。
そしてその台帳は常に同期されているため、改竄が不可能。誰も利用できる取引履歴があることで通貨に限らず、取引する「何か」の「信用」が自動的に規定されていきます。

この利便性と信頼性、それらを生かした具体事例として、「電子政府」があります。
以前MCの Facebookページでもご紹介しましたが、エストニアはこの技術を活用して電子政府をつくりだしました。
行政や保険会社の持つデータは常に共有の台帳に記録・管理され、IDカード一つで国民の個人認証を行うことができます。
日本にある「マイナンバー」をブロックチェーン技術でさらに発展させた、というイメージですね。

まとめ

ブロックチェーンの仕組み、利点についてお話しましたが、一言で表すとこれは「ツール」です。
このツールによって仮想通貨のような新たなシステムが生まれ、また既存のサービスも大きく変化していきます。
ブロックチェーンの登場で中央集権という考え方自体が揺らいでいくのではないでしょうか。現在日本での導入が最も進んでいるのは金融業界ですが、その他の分野での取り組みも目が離せませんね。

シェアする