|
01

マーケティングの超基礎を理解しよう!

「マーケティングって何?」

この質問に明確に答えられる人は、なかなかいないのではないでしょうか。マーケティングの定義をまとめたサイトなどもあるほどに、マーケティングの解釈は多様にあります。
かのピーター・ドラッガーは、マーケティングをこのように記しています。

『マーケティングの理想は、販売を不要にするものである。』

誰かが、あるいは自ら働きかけることなく、自然に「売れてしまう状態」をつくるということです。その製品やサービスを前にした顧客が、「ああ、これが欲しかった」と思わせるものです。

そう考えると、すなわち、ウェブサイトを中心とした事業を行っている弊社もマーケティングの一端を担っているのです!ウェブサイトを制作する上では、マーケティングについて考えていることになるのです。

マーケティングの超基礎用語その1:4P

4Pはマーケティングを考える上での最も有名で最も初歩的な分析です。
別名マーケティングミックスと呼ばれており、ビジネスで成功を収めている企業は例外なくこの戦略を有効に活用しています。

・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・promotion(促進)

の4つの頭文字をとって4Pと呼ばれています。
ターゲットのニーズに対応した「製品」を提供できているか、最適な「価格」を設定できているか、ターゲットに届けるために最も効率的な「流通網」は何か、ターゲットに対して最も効果的な「プロモーション」の展開は何か、を考えることで正確にターゲットにアプローチすることができます。

マーケティングの超基礎用語その2:3C

自社の分析に非常によく使うのが3Cです。

・Competitor(競合)
・Customer(顧客)
・Company(自社)

の3つの頭文字をとっています。外部環境と競合の分析から自社の戦略を考える際に使用します。

マーケティングの超基礎用語その3:SWOT分析

グラフ

業界・市場のような外部要因を「機会(opportunities)」と「脅威(threats)」で分析し、自社を「強み(strengths)」と「弱み(weaknesses)」で分析し、整理することで、自社にとっての機会を見つけ出すための分析手法です。

マーケティングの超基礎用語その4:5forces

g3

業界内の競争に影響を与える要因を5つに分類し、それぞれの力の強さや関係性を分析することで、業界構造の特徴を明らかにすることができます。
(1)業界内の競争、(2)買い手の交渉力、(3)売り手の交渉力、(4)新規参入の脅威、(5)代替品の脅威――の強さを見ることで、業界の収益性、魅力度を推し量るものです。

マーケティングの超基礎用語その5:PPM分析

g1

PPMは、プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの頭文字をとったもので、企業の全社レベルでの戦略策定や意思決定時に用いられるフレームワークです。各事業に対して、マーケットシェアと市場成長率の2軸で、ヒト・モノ・カネなどの企業の経営資源の配分の優先順位を決めるために利用します。
注意してほしいのは、新たな事業の企画や今までなかった経済資源の発生をするためのアプローチではありません。

花形:継続して投資し、金のなる木を目指す
問題児:市場シェアを高めて、花型を目指す
負け犬:早期に撤退の検討を
金のなる木:稼げるだけ稼いで利益を他の事業へと分配

グラフ右上のマーケットシェアが高く、市場成長率が高い事業は、まさに「花形」ですね。具体的には電通などが考えられるのではないでしょうか。一方で、対格にあるマーケットシェアもいまいちで市場成長率も見込めないような正反対な事業は、「負け犬」と呼ばれ、要検討事業だといえます。
グラフ右下の「金のなる木」は、弊社のようなベンチャー企業が目指すべき事業ポジションではないでしょうか。具体的には、かのイーロン・マスクが率いる「テスラモータース」が行っている自動運転事業や「スペースX」が行っている宇宙開発が思い浮かぶのではないでしょうか。また、ベンチャー企業でありがちなのは

まとめ

いかがでしたでしょうか。
マーケティングのについて少しは理解できたのではないかと思います。
マーケティングの守備範囲は広いですし、その時代時代でマーケティングの概念は変化してきました。
インターネットが当たり前になった現在でも、マーケティングの形は急速に変化しています。
今回は超基礎ですので、ここからマーケティングについて深めていきましょう!

マーケティングに興味を持った人は、こちらも参考にしてみてください。

事例とともに解説!グロースハックとデジタルマーケティングの違い!

シェアする