|
aa

こんなにあった!?カートの種類

皆さんは、ネットで買い物をするときに、「カートに入れる」といったボタンを押したことがありますよね?

あのカートにはたくさん種類があるのは知っていましたでしょうか??これから、ECサイトを持ちたい!ECサイト構築の予算が立たない!という方には、お勧めのブログになっています。
まず、最初の分かれ道は

借りる VS 作る

ECサイト構築を提供しているプラットホームは何種類もありますが、まず、借りるのか、作るのかを考えてみましょう。もちろん、借りる方が安くなります。自社で開発が一番費用が高くなり、自由にカスタマイズできますが、将来そのカートを商品として販売できるかもしれません。もちろんグラデーションがあり、自由なカスタマイズがある程度可能で、そんなに高くないものもあります。
売上と自由度を軸にカートの導入をまたは変更を考えてみましょう。

01

このように、カートにも色々な種類が存在します。他にも多くのカートが存在しますが、今回はわかりやすさのために代表的なものをマッピングしました。
こんなに種類があると、どんなふうにカート選んでいいか、わからないことですよね。まずは、ECサイトの制作フローから考えてみましょう。

02

以上のように、カートの選定は初期の段階で決めなければいけません。システム上プラットフォームを決めない限りは、サイト作成できないんですね。ここで重要なのは、サイトのコンセプト設計にあります。
つまり、「どんなECサイトにしたいのか」ということをはっきりと決めましょう。
ECサイト運用を取り巻くサービスには以下のようなものが存在します。

03

例えば、解析ツールのGoogle Analyticsでサイト分析をし、「マーケティングに生かしたい!」といった条件を上げましょう。
そのあとは、やはり規模感(費用感)を決めましょう。おのずと、最適なカートが決まってくるかもしれません。
参考までに、それぞれのカートがどんな特徴を持っているか、お伝えしたいと思います。

コンセプト「とにかく安く早く!」

カラーミーショップ

・管理画面が直感的にわかりやすく、マニュアルも充実
・カスタマイズ性が比較的高い
・レスポンシブ対応
・格安のわりに機能が豊富
・予約販売に対応していない

STORES

・初期費用・月額費用0円
・ストア開設数は700,000以上
・カスタマイズ性が比較的高い
・決済や受注などの機が豊富

BASE

・初期費用て月額費用、導入費用0円
・デザインがシンプル
・知識がなくても簡単にネットショップが作れる

コンセプト「時代はレスポンシブでしょ!」

aishipR

スマートフォンへの対応を基軸に、“スマホで売れる”を追及していて、スマホでのかご落ち対策のために同線を最小限にするなどの工夫が施されている。

コンセプト「単品・定期購入にとんがりたい!」

たまごリピート

・単品・定期購入に特化した機能
・化粧品・健康食品通販に特化していて、ノウハウが豊富という点が他社にはない特徴

コンセプト「みんなで渡れば怖くない!」

MakeShop

・利用している全ショップの総売上金額が日本一で、流通総額は1,300億円
・価格・機能・集客・サポートなどのバランスが良い

コンセプト「サイトはオシャレじゃなきゃ!」

FutureShop2

・HTMLタグやCSSを自由に利用できるなど、表現力豊かな商品ページを展開できるので、ブランドイメージを反映したサイト構築が可能
・顧客のファン化に特化した機能が豊富

シェアする